HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 ナイルの星。

週末に滝のような雨を降らせた雲は、やがて大きな群れをなしてゆっくりと去ってゆきました。

マグリットの「大家族」のような風景・・・雲たちの帰る場所はどこにあるのでしょうね^^


8月の終わりに編みあがった、クロッシェ・ドイリーをアップしてみました。
「シリウス」という、お星さまの名前がついています^^


参考書: 『 Stellar Beauties amazon.co.jp
使用材料: プラチナレース糸#40 (白) & 6号レース針



こま編みと、パプコーンづくしの中心から…外側のデイジー模様への広がりがエレガントなデザインです♪
きつくなり過ぎないように、6号レース針に持ち替えて編んでみました^^



夜空に光る恒星のうち、もっともあかるい光を放つシリウスという星。

古代エジプトでは、シリウスの動きとナイル川の増水に関連があることから
季節の始まりを知らせる星として崇められ、女神イシスの魂とも呼ばれていたそうです



シリウスは、その青白い色ゆえに日本では「青星(あおぼし)」とも呼ばれていますが、
古代ローマの天文学者プトレマイオスは著書の中で なぜかシリウスを「赤い星」として記しています。
星の大きさと、その一生のサイクルに必要な時間からみて、
たかだか数千年でシリウスが急に色を変えることは考えにくい…とのこと。

この不思議なお話は ”シリウス・ミステリー”として幾多の議論や憶測をよび、
星が大好きな私も含めて 今なお多くの天文ファンにとって興味深いお話のひとつだったりします(*´艸`)

こちらのドイリーは、ご縁あって 塾の先生をされている方のもとへ旅立ってゆきました^^
かすかな星の光が、生徒さん達の未来を照らす助けとなりますようにと、願いを込めて・・・



Stellar BeautiesComment 12TOP ▲

 ”Stellar Beauties”より…&編み物の本♪

今週も雨の予報だったけれど、窓からは明るい陽のひかりが差し込んできました。
ちょっと嬉しい午前中です

編みあがったばかりの濃ピンクのショールと、ずっと前に出来上がって仕上げ待ちのレース、
のこり2段で完成のドイリーなどなど・・・。
中途半端ちゃんたち、そろそろ手一杯になってまいりました(´ー`)


最後に編み始めた、こちらのドイリーちゃんがなぜか仕上げ1番乗り~♪を果たしました


参考書: Stellar Beauties (Leisure Arts #4404) amazon.com
使用材料: プラチナレース糸#40 (生成り) & 6号レース針




Julie Haberbergerさんのデザインで本のドイリーにはすべて星にちなんだ名前がつけられています^^
コチラは、"COSMOS"というネーミングです




またまたパプコーン編みがいっぱいのデザインです~(*´艸`)





全体はこちら。大きさは26.5cmになりました^^
ピンをはずしてから、1時の場所にあるパプコーンの先端に編み間違いを見つけました
次の段からは何事も無かったように、正しい編み方に戻っているのが可笑しいトコロです・・(ノ∀`)





めずらしく、ドイリー本以外の編み物の本を買いました(*´艸`)
ポンチョやベスト、マーガレットなどなど、さらっと軽やかな春夏ウェアがいっぱい載っています♪


かぎ針あみのデイリーウエア-はる・なつ―そでつけなしのおしゃれ服 (Let’s Knit series)
amazon.co .jp

眺めているだけで、も~全部編んでみたくてたまらなくなるのですが(汗)、
まずは私にも編めそうなものから…頑張ってみようと思います




にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
ご覧いただきましてありがとうございます♪
Stellar BeautiesComment 26TOP ▲