HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 おしらせ。




体調不良のため、ブログをお休みいたします。
我が家のわんズは元気いっぱいでございます(笑)

皆さまもどうぞお元気で…楽しい冬をお迎えくださいませ~



etc.TOP ▲

 銭函散歩…砂浜編

銭函駅をあとにして、海が見える方へぶらぶらと・・・
お昼ごはんは、海沿いにあるレストラン 癒月さんというお店に入ることにしました^^



ワタリガニのパスタと、ダーはお丼ぶりを注文して待つことしばし…(笑)
席からは海を一望できるように、窓は大きなガラス張りになっていました^^


海岸のすぐ側にある道を歩いてゆくと、こんなお店をハッケン!
石造りのアンティークな建物に、浮き玉とお魚のオブジェ…なんだか面白そうなお店です


2名ともお腹いっぱいのため、ここは次回のお昼処にしようと決めました(*´艸`)



海岸に出て、ごつごつした岩浜を進んでゆくと遠くに海水浴場が見えてきました。
何艘かの小さな船と、その手入れをしている漁師さんの姿があるきりで、海はとても静かです…(´▽`*)





ばったり、可愛いトリさんに出会いましたの図。


かもめさんかな?ウミネコさんかな~?(´ー`)


「オイラに惚れちゃいけねぇぜ」
ワタクシ、長いことじっと見つめ過ぎていたようです・・・(ノ∀`)


砂浜すれすれの低いところを滑空する、かっこいい鳥さんもパチリ☆

こちらは尾羽に黒い帯があるのでウミネコさんのようです^^


line_french_border.gif

海水浴場に近づくにつれ、だんだんと人の姿も増えてきました。
ウィンドサーフィンや水上バイクを楽しむ人たちや、ひとりで写真を撮りに来ている女の子。
のんびり海を眺めながら談笑しているカップルさん…

さみしげな秋の海も、それを楽しむ人々の姿があると暖かいほのぼのとした風景に見えてきますね…(´▽`*)



ふと、打ち上げられた流木にカメラを向けてしまいました。

無造作なのに、それでいて意思が込められているような、、。
自然の作るかたちには、何か心を惹きつけるモノがありますね


line_french_border.gif

秋のひんやりとした潮風とのびのびとした風景を満喫して…
さあ帰りましょう~という時に、変な生き物が視界に入ってきました。

小さいナニカが波打ち際を一列になってトコトコ歩いています
1羽だったのが2羽に…4羽に…どんどん増えていきます((((;゚Д゚)))


あんまり小さいので慌てて望遠レンズに替えてみました


一斉に飛び立つ様子を見てやっと分かりました…千鳥でした~!
歩く姿はキーウィそっくりです…帰り際に可愛いものを撮ることが出来て満足なワタシでした(笑)

銭函の駅まで戻ってきた時にはもう日が落ちかけていました。
駅前のロータリー脇に咲いていた黄花コスモスさんを最後の1枚に…♪


長い記事にお付き合いくださり、ありがとうございました^^




ご覧いただきましてありがとうございます♪
お出かけComment 18TOP ▲

 銭函散歩…駅舎編

札幌から函館本線に乗って、小樽へ向かう途中にこんな名前の駅がありました。



銭函海水浴場の最寄り駅でもある この小さな駅は、夏には海に行く人たちで賑っているそうです^^
この場所をはじめて知ったのはうささんの記事がきっかけでした…ありがとうございます(*´艸`)
ひと気のない、オフシーズンの雰囲気を楽しみたくて9月に訪れた我々なのでした(笑)

列車のドアがあいてホームに降りると、秋のお花が植えられた小さな花壇がありました




銭函、という縁起の良い名前から金運アップを願って下車されるお客さんもいらっしゃるとか…(*´艸`)
ホームをぐるりと見渡すと、なるほど【銭箱】ちゃんがあちこちに飾られています~!


天井に、小さいのが並んでぶら~り。



どどん!と気前の良いサイズの銭函もありました。(幅140センチもあるそうです)

↑コチラの箱は1970年頃に、なんと当時の駅員さんが手作りされたものだそうです。立派な造りに驚きです~

むかしはこれも天井からぶら下げてあったらしいのですが、落下の危険からか1年前に下ろされまして、
いまではこうしてのんびりと、ホーム脇に鎮座されているようです(*´艸`)



ちょっと小ぶりサイズの、こちらは担ぐタイプの銭函でしょうか^^
恐る恐る触ってみたのですが・・・どの箱もフタは開きませんでした(爆)



銭函駅の外観です^^
昭和6年に建てられた、木造2階建てのこじんまりとした駅舎。
今も少しずつ手直しを加えながら昔のままに使われています^^

建造当時の流行だった、二段勾配のギャンブレル屋根が採用されています。
雪の多い北海道に適した造りだそうで、むかしの住宅や牧舎などにも同じ形の屋根を見ることができます


駅舎横に咲いていた木槿のお花をパチリ。
このあとお昼を食べて、海岸へと向かいます~



ご覧いただきましてありがとうございます♪
お出かけComment 4TOP ▲