HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 咲いたカランコエさんと、咲いてしまったお花さん。

先日我が家にお迎えした蕾いっぱいのカランコエさん。
あたたかい部屋の窓際で、満開に咲いているところです~(´▽`*)




そしてもうひとつ、咲いたお花が・・・。



一年草のバジルさん、なんとな~く過ごしていたら花が咲いてしまいました(汗)
葉が固くなるため咲く前に摘芯というのをしないといけなかったそうで…
去年の春からそろそろ1年経つので、新しい根を出させて株をリニューアルすることにしました^^




真っ白の、清楚なバジルのお花さん。
園芸シロウトな私に、代替わりの時期を教えてくれました

感謝をこめて…少しの間水に挿してお花と香りを楽しもうと思います^^




昨日のバレンタイン・デーに、お友達のうささんからプレゼントをいただきました



赤いおりぼんで飾られた可愛いチョコレートたち…♪
アンティーク風のご本のパッケージもすごく可愛いです(≧▽≦)

こんな素敵なお気遣いを頂いて申し訳ありませんデス…ありがとうございます^^
うれしくて思わずお写真撮ってしまいました(笑)



「ちょこれーと?カリカリのことでちゅかね」

カリカリ命!のさくらさん、そろそろトリミングでございます…(´ー`)



にほんブログ村 犬ブログへ
週開けまで、コメントはお休みをいただきますね…みなさまも、良い週末をお過ごしくだいませ
ご覧いただきましてありがとうございます♪

わんこTOP ▲

 Etsyで買ったレース本と、衝動買いのパターンたち。

ラベリーで見つけた可愛いドイリーを編んでみたくて…
そのパターンが載っている本は、すでに絶版になっている海外のクロッシェ雑誌でした。

どこかで、USED本が手に入らないかな?とアチコチ探してみると、
海外のハンドメイド・マーケットのEtsyさんに出品がありました!

今回は個人からの購入になるので 念のためFeedbackで評価を確認して、、。
ドキドキしながら注文してみました(*´艸`)

次の日、出品者さんから発送の連絡がありました。
どうやら出品者さんも海外へ本を送るのは初めてとのこと…双方ドキドキの旅でございます(笑)

航空便で8日後くらいに…無事日本に到着いたしました



1989年発行のDecorative Crochetという雑誌です。
そんなに昔の本とは思えないほど状態も良くて、パターンは編み図が付いていました。




編みたかったのはこちらのパターンです…さっそく編み始めています(笑)



エリザベス・ヒドルソンの作品は半世紀近く(以上?)経った今でもファンが沢山いらして、
日本でも昔「エリザベスのレース編み」というタイトルで翻訳本も出ていたそうです^^


こちらの2作品もエリザベスさんのデザイン。
細糸で繊細に…その為か やや手がきつめに編まれているものが多いみたいです。
こうして写真を眺めているだけでも幸せだったりします・・・(´▽`*)ウットリー




調子に乗って、パトリシアさんのHPでもお買い物してしまいました…衝動買い恐ろしいデス(汗)
新作の2作品だそうです^^ どちらも可愛らしいデザインです~

この他にもう1件、船便でお願いしているものまであったりして…
こちらの分は、注文を忘れかけた雪解けの頃にひょいっとやって来るかもしれません~



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
ご覧いただきましてありがとうございます♪
お道具のこと&お買い物Comment 18TOP ▲

 Ravelryから…着せ替えひつじさん完成♪

この連休中は、2人&2匹そろって すっかり休み呆けておりまして…
ブログの更新がまたまた空いてしまいました。スミマセン

先週、Ravelryを見ていたら 棒針で編むひつじさんのパターンを見かけたので早速作ってみることにしました。
お豆さんに顔を描いたような、素朴~な表情がとても可愛らしいのです(*´艸`)



参考資料: "Sheep in Sheep's Clothing"(by Frankie Brown)
使用材料: タスマニアンコリデール純毛合太・オフホワイト(パンドラハウスで購入)&2号棒針2本




お顔と手足はstocking stitch(メリヤス編み)、
ボディは羊のモコモコ感が出るようにmoss stitch(かのこ編み)で編まれています^^

合太毛糸を2号針で編んで、大きさは10センチくらい。
手のひらサイズの小さなひつじさんです~



こちらのひつじさん、着せ替え用のコートも作れるようになっています。
こんな風にまっすぐに編んで、ふたつに折って留めるだけなのですぐ出来ちゃいます^^




お手本では前と後ろを留めて セーターみたいにすぽっと脱ぎ着するタイプらしいのですが、
私のひつじさんは頭が大きくなっちゃったので、ループとボタンを付けてコートっぽくしてみました



横から見たところ。
パンドラハウスさんで買ったピンク×パープルの段染め糸で…♪
丈がほんのり長めの方がかわいく見えるような気がします



おしりから見るとこんな感じです(*´艸`)

コートの首周りは後から拾い目で縁編み、
下と後ろ端はガーター編みを混ぜて編み進むので縁編みっぽい効果になっています^^





エストニアの編みブタさん、可愛くて止まらなくって未だに編み続けています(笑)
2月らしく… お友達用にピンク&ココア色の毛糸で編んでみました^^



お嫁にいったコブタちゃん、お友達のうささんがブログに載せてくださいました♪
記事はこちらです → かわいいハートのドイリーと幸せピンクの子豚さん

我が家にはおそろいピンクのミントちゃんが居てくれています^^

ブタさんたちのために、また毛糸を沢山買っちゃったので…(汗)
たぶん、これからも少しずつ増えてゆくことと思います(´ー`)





本日は予約投稿にてお届けしております…
ご覧いただきまして、ありがとうございます♪


あみぐるみComment 21TOP ▲

 加賀ゆびぬき-「早春賦」

暦は立春をすぎて…
それだけでもう、春~♪な気分になってくるワタシでございます(*´艸`)

「早春賦」というタイトル通り、外はまだ雪の世界なのですけれど…(笑)
札幌では、本日5日から雪まつりが始まります~

ゆびぬきにも早い春への思いを込めて…
明るめの色で、”矢鱈縞”という模様をかがってみました^^



8コマ 2飛び、 並刺し
使用糸: オリヅル絹手縫糸(白、22紫、85水色、78山吹、89紅梅)、オリヅル絹紡糸(140淡ピンク、29緑)
参考書: 『絹糸でかがる加賀のゆびぬき』
 amazon.co.jp

春の川辺を彩る草花をイメージした色使いです^^
淡いピンクの面積が大きくなるように刺してみたのですが、ちょっと白っぽく見えちゃうかしら

「矢鱈縞」という模様は、縞の間隔も色もランダムになるようにかがってゆくものです。
"めったやたら" や "むやみやたら"という言葉につながりのある名前です

お手本にも段数や色順の指定はなく、適宜色を替えて不規則になるように、とだけ書かれていました。
ですので、こちらのゆびぬきちゃんも本とは全く違った出来上がりになりました





そういえば「矢鱈縞」という名前、どうしてお魚のタラなのかな?と思って調べてみたら、
いくつか説があるようで、ひとつにはタラという魚はやたら沢山獲れるから、とか
矢鱈は当て字で、もとは雅楽の八多良拍子を由来としている等、いくつかのお話が見つかりました^^

八多良拍子というのは2拍と3拍の拍子を交互に踏むという難しいリズムだそうで、
慣れていない人がやるとリズムがめちゃくちゃになってしまうから…という事だそうです(*´艸`)


ゆびぬきの柄としては、長さがバラバラの余った糸の使い道として矢鱈縞が使われるそうです。
少しの糸も無駄にせず、大切に扱おうとする昔の人たちの心が込められた手仕事…
やっぱり、この小さくて美しいゆびぬきの世界が大好きだったりします^^



ブログランキング・にほんブログ村へ
ご覧いただきましてありがとうございます♪
加賀ゆびぬきComment 10TOP ▲

 バレンタインのハート…"Heart Felt"完成しました♪

今年のバレンタイン・ハートちゃん、2つ目が完成いたしました~

Kathryn A Whiteさんの本から・・・”Heart Felt(心をこめて)” という作品です


参考書: 『Irish Beauty Doiliesamazon.co.jp
使用材料: エミーグランデ50g(804オフホワイト、192赤)
チェコダガービーズ5×16mm(ルビー)&2号レース針






中央に飾られた ブローチのようなお花モチーフには、
ルビー色のチェコガラス・ビーズを編みつけたフリンジ。光に透けて綺麗です~^^
ビーズの質感に合うように、レース糸も艶のあるエミーグランデを使いました




ハートの先端は”Point Scallop”という編み方でした。
ピコット付きのスカラップ、豪華2段重ねになっております(*´艸`)



全体の写真はこちらです。
赤いレース糸で縁どられた大きなハートのドイリー…
大きさは、たて32cm×横30cmになりました^^


週末こちらを仕上げついでに、勢い余ってゆびぬきも完成しちゃいました(ノ∀`)
こちらは明日アップしようと思います~



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
ステキな2月をお過ごしくださいませ…❤
ご覧いただきましてありがとうございます^^

Irish Beauty DoiliesComment 14TOP ▲