HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 加賀ゆびぬき-「山路」


ちょっと前に作ったものですが 更新を待っていた5個目のゆびぬきでございます




8コマ、2飛び / 並刺し
使用糸: オリヅル絹紡手縫糸(19橙、白)
参考書:
 絹糸でかがる加賀のゆびぬき amazon.co.jp

おみかんのような、あかるい色を選んでみました





ブログランキング・にほんブログ村へ
ご覧いただきましてありがとうございます♪

災害についての辛いニュース群の間を縫うように、
僅かずつではあるけれど無事救出された方々の情報や各地からの支援のことも目にするようになりました。

節電についてですが、情報がかなり飛び交っているようです。
会見の内容やチェーンメールの一件を見ていますと 「全国の皆が節電しなくては」 という印象が強いですが、
実のところ 各電力会社ごとに事情が異なる、というのが現実のようです。
もうご存じの方も多くいらっしゃるとは思いましたが 気になったので書いてみることにしました(汗)

地域間の電力の融通ということについて、とても分かりやすい記事がありました。
引用可とのことでしたので下記にひかせて頂きました^^

「節電すべきか」という疑問に対する回答(地域別)/原 悟克

各電力会社さんの公式サイトより、各社の対応とお願いをまとめたものも載せてあります。
さしあたっては、東北電力と東京電力以外のエリアには節電協力に関するお願いは出ていないそうです。
(↑の記事に関連して自分でも調べてみたのですけれど、東西の周波数の壁に加えて
周波数変換所が全国に3箇所しかないことが何とももどかしいですね;)



「被災地に協力したいという気持ちは大切だが、意味のない行動をしてはならない。もちろん、被害に対して不謹慎であってはならないが、被災しなかった地域では、なるべく日常の経済活動をおこなうことも重要だ。」(上記サイトからの引用です)
節電はつねに大事なこと。(←書きながら汗…
でも、災害時だからとそれを殊更に鼓舞するのはかえって混乱を招きますし、
日本全体がしゅーんと萎縮ムードになってしまっては復興は遠のいてしまいます。
色々と考えさせられる内容でした。
いずれにしても無駄使いの無いように 自分がした分は結果としてどうなっているのかな、と
一つ一つ意識しながら節約や募金などしていこうと思います^^


いま、私の住んでいる北海道については元々冬期需要への備えが多めになされているようで、
今回は海底ケーブルを通じて本州へ余剰分を送ることが出来るみたいです^^
ほくでんさんのHPも見てみましたら電力の融通だけではなく
すでに仮送電、配電線復旧作業のための応援車両が青森まで到着しているとのことでした。

為すべきことを持つ方は着々と動かれていますし、明るいニュースも増えてきています。
ただ、家族を亡くした方にあっては…、私もかつてそうでしたが…、そんな明るさなど見えるはずもなく
本当に闇の中で何ヶ月も、何年も過ごすような気持ちです
どうかすべての方に一日も早く明るさが戻るようにと、あらためて願ってやみません。


長々と拙文たいへん失礼いたしました
節電については日々状況も変わることと思いますので、
こちらはごく個人的なレポートのようなものとして読み流してくださいませm(u u*)m


関連記事

加賀ゆびぬきTOP ▲