HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 編み途中のレース…6月の札幌市資料館

さきほどから、激しい雨が夕立のように
パタパタと慌しい音をたてて、窓をたたきはじめました。

雨を避けて声を交わす鳥たちのなかに、カモメたちの鳴き声も混じって聴こえてきます。

札幌は 海から20キロほど離れているのですが、
海に戻らずそのまま街に住みついて暮らしているカモメさんたちがいるのです

ここからは見えないはずの海が すぐ目の前にあるような錯覚…
カモメの声を聴いていると、なんだか不思議な気持ちになってくるのでした^^

先日アイリッシュ・グリーンのドイリーを編んだCrochet Worldという雑誌のシリーズから―。
今度は、海にちなんだドイリーを選んでみました


ヒトデさん、それとも珊瑚かな…?
同じ色のレース糸が見つからなかったので、少~しトーンの違う糸で編み始めています^^





そういえば…と、ふと思い出して、6月に撮った写真を引っぱり出してきました

大通にある札幌市資料館で、ボビン・レースの作品展が行われていたのでした。



お教室の生徒さんの作品の発表会のようで、2Fにある小さな展示室のなかは
まるでアンティークのような美しい作品がたくさん並べられていました(´▽`*)

エジングやドイリー、付け襟や窓飾りにいたるまで幅広い作品たち。
あまりに繊細なので糸の太さはどれくらいですか、とお聞きしたら
100番くらいのものが多いです、とのことでした^^

きれいな細い金の糸を使ったものが美しくて…
その糸は、フランスからお教室のために取り寄せをしているものなのだそうです



展示室を出ると、廊下には裏庭の見える高い窓がありました^^



こちらは、1Fへ続いている 緩いらせん階段です。
ステンドグラスから柔らかく差し込む 初夏の光がきれいでした(^-^*)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
本日は、コメント欄をお休みさせていただきますね…
ご覧いただきましてありがとうございます
関連記事
お出かけTOP ▲