HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 秋のお出かけ…余市蒸留所に行ってきました~♪

秋晴れの、とても涼しくて気持ちのよい一日…♪
余市にある、ニッカウヰスキーの蒸留所さんまで、遊びに行ってまいりました~





ニッカさんの余市蒸留所は、JR余市駅のすぐ目の前にあります。
徒歩2分くらいでしょうか…冬期でも気軽に来られちゃいそうです(*´艸`)

こちらが正面入口です。ここで見学の受付をしてから中に入ります~^^



見学できる施設内はすべて写真撮影可
希望があればガイドさん付きのツアーを申し込むことが出来て、なんと見学は試飲も含めて無料なのだそうです


右手に見える赤い屋根の建物が、ここのシンボルになっているキルン塔です。
麦芽の乾燥をするための施設なのだそうで、現在は国の登録有形文化財に指定されています^^


敷地内の広大な芝生には四季の木々や花たちが植えられ、ところどころにベンチも…♪
工場さんというより、まるで広い公園のような眺めです~(´▽`*)

食品工場さんなので、ペットちゃん達は立ち入り禁止となっております~


おなじみの、鬚のおじさまが描かれたウィスキー樽があちこちに置かれています^^
鬚のおじさん、今までお名前を知らなかったのですがキング・オブ・ブレンダーズとおっしゃるそうです



散策を進めてゆくと、こんな感じの石造りの貯蔵庫をいくつも目にします^^



こちらは、1号貯蔵庫の中に眠っているウィスキー樽さんたち。
樽はウィスキーの風味を左右するとても大切なものなので、釘も接着剤も一切使われていないそうです。、
昔とおなじように、ひとつひとつ熟練の樽職人さんによって作られているのですって



蒸溜棟に入ってみました。大きな釜がずら~り、、!
今でも石炭で火をおこして、じっくり加熱する製法をとられているそうです。



こちらは、ウィスキー博物館という見学用の施設です。

ステンドグラスのおじさんの、さらに奥に入ってゆくと・・・。


年代物のボトルなどを展示したギャラリースペースと、


ウィスキー倶楽部という、高級ウィスキーを有料で試飲出来るコーナーがありました
カウンターには専門のバーテンダーさんもいらっしゃいます^^


ギャラリーの隅っこに、ちょっと面白そうなコーナーがありました


ウィスキーの貯蔵年数による色の変化を、分かりやすく展示してくれています^^


こちらが貯蔵前のウィスキーの色。
出来たてさんは、ほとんど透明なんですね~


こちらが15年貯蔵したもの。
琥珀のような、きれいな飴色…宝石のように美しいです~(´▽`*)


それぞれの樽の上にはこんなフタがついていて、開けると香りも楽しむことが出来ます♪
貯蔵前のものは少し酸っぱい香り…
年数が経つにつれて甘~く、丸い感じの香りに変わってゆくのが面白かったです^^
小さなお子様はかいではいけませんよ、とちゃんと注意書きもありました(*´艸`)


ふたりの呑兵衛さんのお人形も飾られていました^^
街角のワンシーンのような雰囲気がとってもいい感じ…




いよいよ、お楽しみ?の試飲会場にやってまいりました♪
隣にはお土産を買える販売所とレストランもあるので、見学で疲れた足をゆっくり休めることが出来ます♪


試飲会場は、大きなガラス張りの窓から芝生の見える、とても広くて明るいスペースです^^

シングルモルト余市10年・竹鶴17年・アップルワイン、そして余市名物の100%りんごジュースの4種類から、
一人3杯まで頂くことができるそうです


私はアップルワイン、ダーリンどのは運転者なのでりんごジュースです(*´艸`)
ふたりともそれほど飲めないので、このあと小さな瓶のウィスキーを自宅用に買って帰りました^^


お土産を買って車まで戻る途中に、こんな可愛いオブジェが目に入りました。
シンボルになっているキルン塔のミニチュアみたいです

蒸留所内では何人もの作業員さんや事務員さんとすれ違ったのですが、
すべての方からこんにちは!と挨拶をいただきました
さすが余市の歴史を代表する企業さんだけあって、その誇りとホスピタリティの高さをすごく実感いたしました…



ニッカウヰスキー創業者の、竹鶴政孝氏の銅像。
1918年に単身でスコットランドへ渡り…本場の製造技術を学んだのちに、
ウィスキーづくりに適した気候の余市の地で 本格的なウィスキー醸造を始められたのだそうです^^


スコットランドより夫の竹鶴氏にともなって帰国し、日本でその生涯を過ごした奥様のリタさん。
こじんまりとした、このグリーンの可愛いお家は創業者ご夫妻の邸宅だったそうです

余市は小樽からも近く、JRや車でも30分ほどで来ることが出来ます♪

初夏にはこのあたりの果樹園農家さんで果物狩りが行われていたり、余市ワインを楽しめる
ワイナリーさんもあったりするので、札幌周辺の観光を予定されているなら
余市エリアはとってもおすすめでございます~


またまた長い記事になってしまいました
最後までご一緒していただいて、どうもありがとうございました^^


ブログランキング・にほんブログ村へ
本日のコメント欄はお休みをいただきますね…どうぞ、素敵な週末をお過ごしくださいませ
ご覧いただきましてありがとうございます
関連記事
お出かけTOP ▲