HAZEL*


 ハンドメイドや日々のことなど。

 レース編みの古書たちと…ポインセチアここまで♪

今日は朝からぴかぴかのお天気…窓からの光がまぶしいです~

ちょっぴり?家事を手抜きして編み続けていたポインセチアちゃん。
やっと、第一関門のフリル・エリアを抜けました~



フリル部分は、赤とグリーンの糸をひとつひとつ付替しながら編んでゆきます♪
それぞれに、これまた糸を付けて編む白い縁取りが付いております~

いつもは糸替えが終わるごとに糸始末もセットでやっていたのですが、
今回は手を止めたくなかったので編みっぱなしでずんずん進めることにいたしました
ここまでで、すでにゴチャゴチャの配線みたいになっていますが今は気にしない気にしない…
ぐるっとポインセチアを付け終わったら、最後くらいにまたフリル模様がやってきますヽ(;・ー・)ノヒャー

編んでみると、写真では分からなかった細かな装飾がたくさん散りばめられていることに気が付きました^^
一年の終わりにふさわしい、ゴージャスな作品になりそうです





すあまちゃんが、なにか悩んでいるようです。

「飼い主さんにも困ったものニャ。。」

あ、その板は・・・



レース編みや手芸の本が増えすぎて、本棚に入りきらなくなってしまいました(汗)
そこで、もうひとつ本棚を増やすために板のカラーサンプルを取り寄せていたのでした。

「きっと飼い主さんは、ダンシャリを知らないのニャ。。」

すあまちゃん、手芸の本は断捨離出来ないんですよ

「しまいっぱなしの絵本もいっぱいあるニャ。」
あ、それもだめなんです…(以下ループ

ブツブツ言いながらも、一緒に家具の色を考えてくれたすあまちゃんなのでした(笑)





すあまちゃんに内緒で、またまた本を取り寄せてしまいました(ノ∀`)

憧れのドロンワークの教科書と、レース編みの古本色々です


ドロンワークの本は、「 Beginner's Guide to Drawn Thread Embroidery 」という洋書です…
こちらは、アマゾンさんで見つけました^^
後ろに写っているレース編みの洋書は、どれも古本で取り寄せたもの。
Easy Doilies to Crochet」、「Exquisite Table Toppers」、「Heirloom Pineapple Doilies
の3冊です^^


ドロンワークの教科書に載っている作品たちは、どれも優しい色使いで素敵…♪
編み物で目と手が疲れたときに、気分転換に眺めてはうっとりしております(*´艸`)



刺し方のページでは技法ごとにページを割いて、大きな写真で1コマ1コマ解説してくれているので
とても分かりやすいです('-'*)
これで、いつ始めても大丈夫…かな?はやく刺してみたいです~




今回買った本のなかには、大好きなパトリシアさんの古書も
Patricia、ではなくTrishというペンネームで出されているご本です。
初期の作品なのでしょうか…引き上げ編みを使わない、フラットなデザインのドイリーが掲載されています^^


こちらは、やはりUSEDで譲って頂いた 平田園江さんの「すてきなレース編み」という本です。

さすがに古書だけあって、表紙は傷んでいるのですが中はとてもキレイでした(´▽`*)



見かけは古いのに、きちんと内装を手入れされたお家のような気がして…ページを開くとうれしくなります^^
日本のドイリーらしい、凛とした美しい作品がたくさん載っていました

この本からは、右下のドイリーを編んでみたいです♪(来年…?

息抜きはそろそろおしまいにして、、今日はこれからまた続きを編みます~~@@



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
ご覧いただきましてありがとうございます~
お道具のこと&お買い物Comment 32TOP ▲

 ウウライナのレース本と…退屈ちゃん。

先日Ravelryで新しいドイリーパターンを探していたら、素敵なブリューゲルの作品が目に留まりました
パターンを辿ってみると、ウクライナの雑誌に載っている作品とのこと!遠いお国です、、@@

日本へ送ってくれる本屋さんをやっと見つけたので、さっそく取り寄せてみることにしました
Duplet Magazineというウクライナのクロッシェ雑誌です。
表紙を見て どこかで見覚えが…?と思ったら、
前にラベリーのDoilies Fest contestで頂いたMoD Magazineと同じ出版社さんのご本でした

お店のHPはこちらです→Duplet,Zhurnal MOD
ウクライナ語でもロシア語でもなく、英語表記で書かれていたのでひとまずホッといたしました(ノ∀`)



欲しかった号とせっかくなのでもう1冊頼んで…10日ほどで我が家へ届きました~

封筒には、見たことのない切手がびっしり…!
上の方に貼ってあるひとつなぎの切手は、ウクライナの農業をテーマにしたものみたいです
あんまり可愛いので捨てられず、封筒のまま取っておくことに



注文した2冊はこちらです…珍しモノ好きのすあまが嗅ぎつけて寄ってきました

1冊のお値段は11ドル、日本への送料は無料でした^^
同じ雑誌をeBayでも見かけたのですが7~8ドルくらいだったので、
11ドルはたぶん定価+ほんのり送料込みのお値段かと思われます(´ー`)



ページを開いてみると、クロッシェで編まれた美しいドレスがいっぱい!

号によってアイリッシュモチーフやブリューゲルのテーマがあるらしく、
ドレスもその技法を使ったものをメインに掲載されています^^
気が遠くなるような工程にもびっくりですが、色使いもステキで 眺めるだけでも勉強になりそうです



とても豪華なアイリッシュ・レース編みの付け襟。
モチーフ単体のみの編図が載っていて、あとは自分で作品にアレンジして作るようです。



エジング特集のページ。これまたゴージャスです
こちらは完全な編図が載っていました。
記号が、少し日本のものと違っていて??なものもありましたが、写真と比べ合わせたら何とか出来るかしら…

編みたかったのはこちらのドイリーです…Bruges Doily
Raisa Kolesnikさんという方のデザインだそうです。

思ったより、ずいぶん早く届いたので当面の編む予定には入れておらず…(汗)
こちらを編むのはお正月くらいになる予定デス
発送の際に追跡番号も教えてくれたので安心して待つことが出来ました(´▽`*)
ちゃんと完成させることができたら、他の号も買ってみようと思います





お久しぶりの退屈ちゃん。
姿が見えないと思ったら、古いラックの下でかくれんぼ遊びをしておりました(´ー`)



寝そべりながらも私から目を離さないさくらさん。

退屈なの~。(ジトー




たいくつなんだってば~。(チラリ


お散歩、、、行きましょうか?雨だけどね~;


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
ご覧いただきまして、ありがとうございます~♪
お道具のこと&お買い物Comment 20TOP ▲

 新しいレース針と…ウィリアム・モリスの刺繍本♪

ずっと気になっていたアミュレレース針シュクル、編んでみたくてとうとう買ってしまいました~



アミュレは8号、シュクルの方はビーズクロッシェ針なので使いそうな6号も一緒に…(*´艸`)
それぞれ違うメーカーさんのものですが、こうして並べてみるとお揃いのシャベットカラーで可愛いです~^^

今回の新入りちゃん含めて、私の持っている8号レース針はアミュレとペンE、
チューリップにシュクルと、これで4本になってしまいました
持ち手の感覚もそれぞれ違うので、編み続けて指がコリコリになったときに替えてみようかな…?
その日の気分で針を選べる楽しさも増えたりして、嬉しいお買い物になりました





お買い物ついでに、レース本&クロスステッチの素敵な図案集を見つけたのでまたまた衝動買い…

ウィリアム・モリスの美しいデザインを、クロスステッチ用に図案化した作品集です


The Art of William Morris in Cross Stitch』 amazon.co.jp

表紙の「いちご泥棒」のトリさんに一目惚れ…
リバティのテキスタイルとしても有名みたいですね(*´艸`)
いちご泥棒さんのモチーフ、この本ではクッションカバーに仕立てられています



丸いフレーム仕立ての鳥さんたち。


”ピンパネル(ルリハコベ)”のモチーフをあしらったフットスツール。


こちらの大きな作品は、オレンジツリーのベル・プル(吊るすタイプの壁飾り)。

それぞれの作品が飾られている、クラシックな英国調のインテリアも素敵で…
ページを捲るたびにため息が出そうです(´▽`*)


こちらのシャム猫さんが表紙の本は、1995年刊行の、Rita Weissさんのドイリー本です^^



ラベリーのページに、この本に載っている作品が何点かアップされていました^^
『Pretty Doilies』
5作品と少ないですが、猫やハートをモチーフにした作品が可愛らしいです~


ひとしきり、目の保養をした後は・・・(笑)
買い足しの葵レース糸がやっと届いたので、引き続き頑張って編み編みしようと思います

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
本日は予約投稿にてお届けしております…素敵な休日をお過ごしくださいませ^^
ご覧いただきましてありがとうございます♪

お道具のこと&お買い物Comment 30TOP ▲